ニキビが出来る原因となる食べ物と予防する事が出来る食べ物

ニキビは毛穴に皮脂や汚れが詰まってアクネ菌が増殖してしまう事で炎症が起こっている状態の事を言います。

 

 

改善していくには洗顔料で洗顔をしてその後に保湿クリームなどでスキンケアをするのが一般的な方法です。

 

 

しかしそれだけでは再びニキビが出来てしまう可能性もあるので食生活を見直して体質を改善していく事も大切になってきます。

 

そこでニキビが出来る原因となる食べ物から見ていく事にしましょう。

 

 

脂質や糖分が多く含まれている食べ物

 

脂質のが多く含まれている食べ物を食べていると皮脂の分泌量が多くなってしまうので毛穴に詰まりやすくなってしまいます。

 

 

また糖質が多く含まれている食べ物を食べていると食べ物が消化されている時に脂質に分解されて皮脂の分泌量が多くなってしまいます。

 

 

皮脂が多く含まれている肉類や揚げ物、糖質が多く含まれているケーキやチョコレートはニキビの出来る原因となる食べ物なので控えるようにする必要があります。

 

 

辛い食べ物

 

辛い食べ物を食べていると体内に刺激を与えてしまうので胃や腸に負担がかかってしまいます。

 

 

それにより新陳代謝が乱れてしまうので肌のターンオーバーも乱れてしまいます。

 

 

肌のターンオーバーが乱れてしまうと免疫力が低下してニキビが出来やすい状態になってしまいます。

 

激辛カレー、激辛ラーメンなど辛い食べ物は控えるようにする必要があります。

 

 

ニキビが出来る原因となる食べ物はこのようにあるので控える事でニキビを解消していく事が出来ます。

 

 

そこで今度はニキビが出来ないような体質にしていく事も大切になってくるのでニキビを予防する事が出来る食べ物も見ていく事にしましょう。

 

 

ビタミンが多く含まれている食べ物

 

ビタミンは美白効果がある栄養素として知られていますが、抗炎症作用もあるのでニキビを予防するのにも効果的な栄養素になります。

 

 

ビタミンは小松菜、ピーマンなど緑黄色野菜やレモン、キウイなど果物に多く含まれているので積極的に食べるようにしましょう。

 

 

タンパク質が多く含まれている食べ物

 

肌に必要な栄養素と知られているタンパク質もニキビを予防するのに欠かせない栄養素になります。

 

 

タンパク質を摂取しておくと肌に潤いを与える事が出来るので乾燥しにくくなります。それによりニキビが出来にくい状態にもなります。

 

 

タンパク質は肉、魚、大豆製品などに具くまれていますが、肉は脂質も多いので魚や大豆製品を食べて摂取するといいでしょう。

 

 

特に納豆は女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンも含まれているのでニキビに良い食べ物の中でもオススメです。